エコ家電の空気清浄機はパターンで稼動する

冬になると、風邪やインフルエンザのウイルスが気になります。春先には花粉が気になります。それらが厄介なのは、目に見えないことです。ほこりのように目に見えるのであればはたいたりすることができますが、そうすることが出来ません。結局そのまま家の中に入ってしまいます。すると家の中を歩いている間に、ウイルスや花粉を撒き散らしていることがあります。家族に影響が起こることもあります。それらを除去する必要があります。

掃除機で掃除をするのも良いですが、夜などは難しいです。また、空気中に浮いているものだとさらに難しくなります。そこで空気清浄機を利用します。空気中に浮いているほこりなどを中心に吸い取ってくれます。生活をしていると自然に吸い込んでしまいますから、それを防ぐことが出来ます。利用している時間に関しては、人がいる間に常に運転している状態です。運転をしているの出れば、それなりに電気代もかかります。空気のためのコストです。

エコ家電の中には、パターンを認識して稼動するタイプがあります。ほこりなどが増えるときにより稼動を行い、逆にあまり出ないときには少なめになるようです。夕方などは、外から家族が帰ってきます。そのときに服に付いたほこりなどが持ち込まれます。その時間がある程度同じですから、その時間にフル運転します。一方、夜などになると落ち着いてきます。一定の運転はしますが、休止しながら運転をするなど、節電運転します。

■注目の情報

Copyright 2017 私の体験談 エコ家電の空気清浄機を使ってみた All Rights Reserved.